KMEブログ

富津市 住宅

2014年11月6日

 

こんにちは(*^_^*)

 

今回は昨日の富津市の住宅での

作業内容をご紹介したいと思います

 

 

 

タスペーサーの挿入

タスペーサーとは?と思う方もいらっしゃると思いますので

ご説明させて頂きます(*^_^*)

 

上記の写真で屋根材の間に挿入している物をタスペーサーといいます

上記の写真のようなストレート屋根材に一般的な3回工程の塗装をすると

ほとんどの場合、屋根材と屋根材の間に塗料が入り込んでしまい

屋根材と屋根材が接着した状態になってしまいます

接着した状態になってしまうと、

吸い上げられた雨水を排出できなくなってしまい

下地材の腐朽から最悪の場合は

雨漏りの原因になってしまいます

なので、屋根塗装の際は縁切り部材の

タスペーサーの挿入をした方がいいですね(^^)

 

 

 

屋根下塗り

 

屋根下塗り完了

 

こんな感じでキレイに塗装することができました

 

 

また後日、タスペーサーと縁切りのどちらがいいのか

ご説明できればと思います

 

最後までご観覧くださり、ありがとうございました☆彡

 

 

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ