ブログ

シーリングについて

2016年11月7日

 

こんにちは(^^)

以前、シーリングについて少し説明をさせて頂いたので

本日はもう少し詳しくご説明したいと思います

 

 

シーリング(コーキング)とは…

家の外壁で最近よく見られる、サイディングという種類の壁があります。

このサイディングボードのボードとボードの境目にある

繋ぎ目にゴム状のものが埋め込まれています。

他にも、サイディングではない他の種類の壁の住宅でも

石張りのタイルの目地の部分や窓などのサッシまわり

屋根やバルコニーなどにある隙間の部分を防水のために

シーリング材で埋めている部分があります。

以下の写真のゴム状のことをシーリング。またコーキングともいいます。

dscn0893

 

新築時は上から塗装をしていないため、シールがむき出しの状態になっています。

そのため紫外線の影響を直接受け劣化していきます。

特に、家の東側より陽当たりのよい南側の劣化が激しくなります。

このシーリング材が劣化していると防水に影響があり、家の劣化にもつながります。

雨水の侵入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。

打ち直しをせずに塗装も可能かもしれません。

ですが、せっかく足場を組んで工事するので、多少の費用は加算されてしまいますが

長持ちすることを考えれば、やっておいた方がいいでしょう。

 

 

また、サイディング外壁だけでなく、同じようにボードを

張り合わせたような状態の壁であるALC住宅の目地はもちろん

モルタル外壁のような1枚壁にもシーリング工事はおこなわれます。

モルタル壁おの場合は、目地のシーリング工事というものではなく

クラック(ひび割れ)の補修です。

クラックの隙間にシーリング材を埋め込み、その上から塗装を施すことで、

補修部分のまわりを壁と馴染ませることが出来ます。

さらに、シーリング材と塗料の相性が悪かった場合に起こるブリードという劣化現象もあります。

ブリードとは、シーリング材と塗膜が化学反応を起こすことで

仕上げ面の塗膜が粘着性を持ち、ホコリや大気中の汚染物質を吸いつけて汚れてしまう現象です。

 

 

★シールの傷み方★

・シーリング材のひび割れ…紫外線の影響で経年劣化。

・サイディングの断面からの剥離…施工時のプライマー(接着剤)不足。

・肉やせとひび割れ…シーリング材の充填不足。

 

dscn0873

 

・肉やせ

 劣化とともに、シールそのものがやせ細っています。

 新築時に施工したシールの充填不足も考えられます。

・剥離

 サイディングボードの断面から、剥離しています。

 紫外線による肉やせも原因ですが、新築施工時のシール注入前に行う、

 プライマー(接着剤)不足も考えられます。

 

 

★シーリング打ち替え工事の手順★

・カッターを入れて劣化した古いシールを撤去していきます。

dscn0877

・コーキング注入箇所にマスキングテープを貼ります。

・目地にプライマー(接着剤)を塗ります。この作業が甘いと剥離の原因になります。

dscn0882

・目地にコーキングを注入します。

・ヘラ押えを行ってシーリング材を押し込み密着性を高め

 余分なシーリング材を除去します。
 表面を綺麗に整える目的もあります。

・シーリング材が固まる前に養生テープを剥がし、

 周囲の清掃と確認を行い、完了となります。

dscn0893

 

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ