KMEブログ

千葉県鴨川市アパート 屋根 洗浄・塗装

2016年12月1日

 

皆さんこんにちは

12月に入り今年も残すところ、

あと1カ月となりました

 

 

さて先日は千葉県鴨川市アパートで、

全塗装させて頂いたのですが

その中でも『屋根塗装』について

お話したいと思います

 

 

屋根はどのような建物にも存在して、

毎日、紫外線や雨風にさらされて

家の中で最も劣化しやすい箇所です

 

 

塗装によって屋根材を保護する事ができます

 

塗装というのは見た目を良くするだけではなく、

屋根材(瓦など)を守る保護の役割が

とっても大きいです

 

太陽光の紫外線や雨は全てを劣化させる力があります。 

もし塗装されていない瓦などの屋根材を使用していたら

最終的にボロボロに崩れてしまうことになります

 

塗装することにより塗膜が代わりに劣化してくれるのです!

屋根は外壁と違ってなかなか見る機会がなく

チェックしにくい場所になりますが、

3~5年でチェックしてみましょう。

塗膜による屋根材の保護は、

5年~15年と言われています

 

 

img_1275

このように塗装が剥げ色むらも出てきます

 

 

img_1224

下塗りをし、中塗り。

 

 

img_1274

上半分は上塗り完了。

ムラ無く、とても綺麗な状態です。

 

 

屋根は、変化が分かりにくく

忘れがちになります(;´・ω・)

ずっと放置してしまうと、

コケ、カビ、塗装の剥がれが発生します。

 

コケ、カビが繁殖してしまうと、

屋根材自体に水分を含み劣化している証拠となってしまいます

 

水分を含んだ屋根材、劣化した屋根材に塗装しても

一時的に綺麗になりますが、

短期間で剥がれてしまいます。。

チョーキング現象(触ると手に粉が付く。)が

起きたら、

塗装時期と認識しましょう(^▽^)/

 

塗装全般はもちろん、

屋根についてのお悩みも是非!

(株)KMEへ

 

 

ご覧いただき有難うございました

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ