ブログ

ALC外壁補修工事

2022年01月18日

 こんにちは!

 寒い日が続いていますが、風邪など引かないよう気をつけてくださいね。( ^^) _旦~~

 さて、今回はALC外壁補修工事についてご紹介したいと思います。

 ALCとは、「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略で、高温・高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートという意味になります。
 ALCを板状に成型したものをALCパネルと呼び、中低層建築物の外壁や超高層の建物、倉庫や工場の外壁などに用いられています。

 今回の工事はクラック、欠損した外壁の補修工事です。
クラックや欠損は地震の揺れによる振動、衝撃が原因で発生します。他には温度変化により膨張、伸縮して伸び縮みに耐えられなくなり発生します。

そのまま放置すると雨水が侵入してALC内部の金属の腐食により爆裂を起こしてしまうので、その前に補修しましょう。((+_+))

 次回は施工中の写真を紹介いたいと思います。

最後までご閲覧いただき、有難うございました。


               クラック                                  欠損
 

千葉県市原市の塗装・外構・リフォーム・不動産に関しましては、是非KMEグループにお任せください。

それ以外の地域の方でも大丈夫です。

御見積りだけでも一度ご相談ください。

従業員一同、お待ちしております。


千葉県市原市能満 株式会社KME

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ