KMEブログ

東京都 葛飾区 N様邸 塗装工事③~外壁塗装~

2017年06月24日

おはようございます(*^^*)

東京都葛飾区のN様邸の

塗装工事パート3です!

今回は『外壁塗装』をご紹介させて頂きます

 

施工前

 

施工内容

・シール打ち替え

・下塗り塗装

・上塗り塗装

・上塗り塗装2回目

 

それぞれの作業様子を簡単にご説明させていただきます

 

シール打ち替え工事

そもそもシールとは、シーリングやコーキングの事で、

建物の隙間を埋めるゴム状の材料です。

施工方法は、既存のシーリング材を全て撤去し、

新しいシーリング材を打つことを『打ち替え又は打ち直し』といいます

 

作業様子

シール撤去                       シールプライマー

  

 

 

シールプライマーとは

シーリングやコーキングをしっかり密着させるため、

プライマーと呼ばれる接着剤的下塗り材を塗っています                     

この工程を怠ると、シーリング材が剥がれやすくなるため

とても重要な作業となります!

 

シール打ち替え施工中                  完了

  

 

以上がシール打ち替え工事となります。

 

下塗り塗装工事

 

下塗り塗装とは、外壁と上塗りの塗料との

密着性を高めるための工程となります。

下塗り塗料には主に白や透明といった

通常色のついてないものを使用します。

 

 

上塗り塗装工事                                 上塗り塗装工事2回目

  

 

上塗り塗装工事は2回行います。

何故2回も行うのかといいますと上塗り塗装の塗料には、

美観性耐久性があります。

美観上の理由は上塗り塗料を1回塗っただけでは、

下地が溶けてしまい色がまだらになる可能性があるからです。

耐久性も増すという面でも上塗り塗装工事は2回行います

 

以上が外壁塗装のご紹介となります!

本日も最後までご閲覧いただきありがとうございました

千葉県市原市能満 株式会社KME

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ