ブログ

外壁塗装の塗り替え時期とは?~part2~ 2014.07.2

 

 

こんにちは(*^_^*)

今日もお天気良いですね

一昨日の天気予報だと昨日の市原市は

傘マークがついてたのに朝起きたら

お天気良くてビックリしました(゜゜)笑

でもお天気良いとやることが、はかどりますよね

 

 

 

さて!!本題に入りましょう☆彡

前回の記事で

外壁塗装の塗り替え時ポイント

ご説明させて頂きました(^^)!

今回はその続きをご説明させて頂きます

 

 

代表的な外壁の塗り替えポイント

その1…10年くらい塗装をしていない。

その2…変色や色あせが目立つ。

その3…触ると手に白い粉がつく。

その4…ひび割れや塗膜が剥がれている。

その5…鉄部がさびている。

その6…藻やカビが発生している。

 

その他にも水をかけても、はじかない。汚れがなかなか落ちない。なども

外壁塗装の塗り替えポイントです

 

以上のポイントを塗り替えの判断基準の

ご参考にしてみて下さい(^^)/

 

前回の記事でご説明させて頂いたのは

上記のポイントのその4 までだったので、

その5からをご説明させて頂きます☆彡

 

 その5…鉄部がさびている。

  

 鉄部の傷みは建物を傷める要因の一つなので気をつけて頂きたい個所の一つです。

 さびの性質として、鉄以外の物も傷めてしまう危険性もあるので十分に気をつける必要があると思います。

※鉄部のさびが起こりやすい場所※

・下地調整(ケレン)が不十分な場所

・紫外線、酸性雨等の影響を受ける場所

 

 

その6…藻やカビが発生している

 塗膜表面の藻やカビの発生は、

塗料に含まれている防藻・防カビ材の効力が無くなった際に発生します。

このような状態になると建物の美観を損なうだけでなく、より塗膜の劣化が進んでしまいます。

 外壁や木部・鉄部等の塗膜に付着した藻やカビ等が原因で家の中に

ダニが発生しシックハウスにもなる場合があるので注意が必要です。

 なので、塗膜に付着した藻やカビは入念な高圧洗浄等でキレイに除去する必要があります。

※藻やカビが発生しやすい場所※

・日光が当たらない場所

・常に湿気がある場所

・軒天や北側の壁面

・防カビ材などの効果が低い塗料を使用した場所

 

 

上記のポイントで塗り替え時期の目安にして下さい(^^♪

前回の記事で、塗り替え時期は約7年~10年と記載しましたが

実際には同じ建物でも日光のよく当たる南面や日光の当たりづらい北面といった場所

によって劣化の進行度は異なってきます

その辺を含めてセルフチェックを行って頂ければと思います

 

 

 

最後までご観覧頂き有難うございました

 

 

 

外壁塗装の塗りかえ時期とは?~part 1~ 2014.06.27

 

 

こんにちは(^^♪

今日の市原は、また不安定なお天気でしたね

週末もお天気があまり良くないみたいですね(:_;)

 

 

本題に入りましょう

今までのブログでは、外壁塗装作業の内容をご説明してきましたが

今日は、見た目でわかる外壁塗装の塗りかえポイントをご説明します(゜゜)!

 

 

代表的な外壁の塗り替えポイント

その1…10年くらい塗装をしていない。

その2…変色や色あせが目立つ。

その3…触ると手に白い粉がつく。

その4…ひび割れや塗膜が剥がれている。

その5…鉄部がさびている。

その6…藻やカビが発生している。

 

その他にも水をかけても、はじかない。汚れがなかなか落ちない。なども

外壁塗装の塗り替えポイントです

 

以上のポイントを塗り替えの判断基準の

ご参考にしてみて下さい(^^)/

 

 

色々ポイントを上げさせて頂きましたが

なぜ、これらがポイントになるかというと

 

その1…10年くらい塗装をしていない。

 外壁塗装は約7年~10年が目安といわれています。

日々外壁や屋根は雨風や紫外線などの影響によってダメージを受けています。

 私たちの生活には家が不可欠ですよね。

そんな大切な家やご家族を守るためにも定期的な塗装が大切だと思います。

 

 

その2…変色や色あせが目立つ。

 新築時と比べて屋根や外壁の色が変わったと感じるのは、塗膜が紫外線や酸性雨等

の影響で塗料の顔料や樹脂が分解されてしまい変色してしまうからです。

 また退色とは艶が落ちた状態の事をいいます。

 

 

その3…触ると手に白い粉がつく。

 このように手で触ると白い粉がつくことをチョーキング現象といいます。

上記の画像のように外壁を手で触ると白い粉が付着します。

このような現象は、変色や色あせが進行した状態に起こる現象です。

※変色・色あせ・チョーキングが起きやすい場所※

・経年劣化した塗膜

・直射日光がよく当たる紫外線の強い場所

 

 

 

その4…ひび割れや塗膜が剥がれている。

塗膜に細かなひび割れ塗膜の剥がれは、壁が傷んできている証拠だと思います。

塗膜の微細なひび割れの事をヘアラックといいます。

塗膜が剥がれ落ちた事を塗膜剥離といいます。

外壁の素材まで達しているような

深いひび割れはそこから雨水が入り 、

傷みが進行してしまい家全体の耐久性が低下してしまいます。

このような場合には、早急に補修が必要になります。

特に木部は多くの水分を吸収・放出するので塗膜が早く劣化してしまいます。

 ※ヘアラックが起きやすい場所※

・直射日光がよく当たる紫外線が強い場所

・経年劣化した塗膜

・モルタル系の外壁材

 

※塗膜のはがれが起こりやすい場所※

・木部、鉄部等

・常に紫外線にさらされてる場所

・寒暖差や湿度の高い場所

・下地調整が不十分

・不適切な下塗り材を使用した場所

 

全て記載したいのですが、だいぶ長文になってしまったので

残りのポイントにつきましては、次回ご説明させて頂きます

 

 

最後までご観覧して下さりありがとうございました

 

塗装の中塗りについて 2014.06.18

 

 

 

こんにちは(^^)

今日の市原市は久しぶりに雨ですね

 

今日は前回の記事で記載させて頂いた『中塗り』について

ご説明させて頂きたいと思います(..)

塗装を行う際に『中塗り』と耳にする方もいらっしゃると思います

 

塗装の基本知識としては

下塗り中塗り上塗りの3工程に分けられます。

下塗りは前回の記事でご説明させて頂いたので簡単に☆彡

最初に、下地調整を行います。

これは洗浄等で外壁の汚れなどを落としたり

欠損やひび割れなどの修繕もこの段階で行います(^^)/

この作業を行うことで塗装をより長持ちさせることが出来ます

 

そして中塗りです。

この中塗りは下塗りと上塗りの中間になるとこですね。

目的としてはこの後に塗る上塗り材の補強や耐久性の向上です。

上塗りを行ってしまえば中塗りは見えなくなってしまいますが、

仕上がりを綺麗にするには中塗りも大切な工程になります。

よく中塗りと上塗りを同じ塗装色で行う事が多いと思いますが、

会社によっては色を少し変えて行う事もあります。

これを行うと中塗りがしっかり塗れているかを確認することが出来ます。

 

大分、長文になってしまいました

このように中塗りは塗装作業にとって重要な作業となる事が

私の文章力でも、ご理解頂けたら幸いです(__)

 

 

 

突然話は変わりますが、、、

ちょっと気になったことがあったので

少しお話させて頂ければと(゜゜)

『今日は何の日?』

6月18日の今日はおにぎりの日だそうですね

なんで今日はおにぎりの日かといいますと

鹿西のろくと、毎月18日が米食の日で6月18日になったそうですね(*^^)

遺跡で日本最古の!最古の!

おにぎりの化石が発見されたそうです

このことからおにぎりの里として町起こしをしている

石川県中能登町(旧 鹿西町)が制定したそうです。

 

他にも海外移住の日や考古学出発の日といった日でもあるそうです(^^♪

 

 

 

長文で失礼いたしました。

最後までご観覧頂き有難うございます

 

 

ここのところ市原市は 2014.06.14

 

 

こんにちは(^^♪

ここのところ市原市は天気がいいですね

気温が高くて外での作業をした方は大変だったと思います

水分補給や適度な休憩をとらないと脱水症状、熱射病になりやすいと聞きますので

十分に気をつけて下さいね(:_;)

もちろん室内で過ごしていても危ないみたいですから

室内に居る方も気をつけて下さい

 

 

ここで今日のKMEメンバーの作業内容をご紹介させて頂きます(*^_^*)

今日ご紹介させて頂く現場は

いすみ市の住宅です

今日は篠崎さんと山下さんの作業内容を

ご紹介したいと思います( ..)φ

 

下屋根下塗り・中塗りを行いました☆彡

 

下塗りの役割についてご説明させて頂きます♪

下塗りは居下地との粘着効果を上げてくれます。

最初に洗浄等で壁面の掃除や欠損の修正を行います。

この作業をきちんと行うことで塗装を長持ちさせてくれます

 

 

今日はこの辺で(^^♪

また後日、中塗りについてご説明できたらなと思います

 

最後までご観覧頂きありがとうございました(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

ついに千葉県も 2014.06.11

 

 

こんにちは(^^)

ついに千葉県も梅雨入りしましたね

先週からずっと雨の日が続いてますね・・・

 

 

昨日は場所にもよるとは思いますが市原市は曇りでしたね(^^♪

ちょこっと雨が降りましたが...

そんな昨日は、篠崎さんと田端さんが茨城県まで洗浄をしに行っていました

 

 

外壁

 

雨戸

 

 

 

板金

 

少し見づらいのですが、この様な感じで洗浄を行いました

 

これからは他の現場の施工等の風景もご紹介させて頂けたらと思います

最後までご観覧頂き有難うございました

 

 

 

 

 

 

昨日は市原市暑かったですね;; 2014.05.24

 

こんにちは

昨日に引き続き市原市は今日も暑いですね

 

昨日の出来事になってしまうのですが

事務所に来てみたら外のゴミ捨て場が大変な事に、、、

見事にカラスに荒らされてました(:_;)

今までそんな事なかったんですけど

まあ、なってしまった事は仕方ないですよね!

気合いで掃除しました(/_;)

 

話は変わりますが!

KMEメンバーの山下さん

昨日の作業内容について(*^_^*)!

 

昨日の山下さんは稲毛にある団地での作業でした

昨日の作業内容はといいますと、

養生・天井の上塗り・壁下塗りといった作業内容でした!(^^)!

上記で出てきた『養生』とは何?と思った方もいらっしゃると思うので

ここで簡単にご説明を☆彡

 

『養生-ようじょう』とは、建築・土木など色々な作業でも行われますが、

今回は塗装工事においての養生についてご説明いたします*

養生を行う際に使用するのが、養生テープ(マスキングテープ)や養生資材(マスカー)です。

これら(マスキングテープ、マスカー、シート)を使用して塗装を行う際に

塗装面以外に塗料がかからないように覆うことです(^^)

 

分かりづらい文章だと思いますが、少しでもご理解頂けたなら幸いです

 

最後までご観覧頂きありがとうございました

 

今日の市原は 2014.05.19

こんにちは(^^)/

ご観覧ありがとうございます♪

 

今日も市原市はいいお天気でしたね

でも、雲がちょっと多かったかな(..)

気温的には過ごしやすかったんじゃないですかね*

お外での作業とか、さくさく出来たって方も多いはず

KMEのメンバーも塗装作業が進んだのでは!(^^)!

 

 

なにやら、明日から天気が悪くなるみたいですね

が降ると屋根や外壁の塗装をするのが難しくなってしまうので

あまり長く降って欲しくないですね(:_;)

 

 予報では明日、夜頃から降り始めるみたいなので

お帰りが遅い方は折り畳み傘などを持って出かけた方がいいみたいです

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました

今日の外壁塗装は☆ 2014.05.17

こんにちは*

 

今日も市原市は、いいお天気ですね!

天気が良過ぎて暑いくらいですね 笑

 

そんな今日のKMEのメンバーでは

マスコット的な存在の奥村君のご紹介させて致します。と言いたいところですが

今回は今日の奥村君の塗装内容をご紹介致します(o^^o)

 

今日の奥村君は埼玉県の鶴ヶ島にて塗装工事に行っております☆

暑い中、軒の上塗りと壁の下塗り作業中です٩(  ’ω’ )و

熱中症にならないと良いのですが、、、

 

皆さんも外での作業をする際は、熱中症に気をつけて下さい(´・ω・`)!

 

 

 

KMEリフォームの公式サイトを公開しました!! 2014.05.14

 

千葉県市原市のKMEリフォームです!

 

このたび、公式サイトの公開しました。

 

塗装を中心に、住宅リフォームなら何でもお任せ下さい。

お気軽にご連絡下さい。

 

これからもKMEリフォームをよろしくお願いいたします。

 

 

株式会社 KME  代表 板倉

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ